ベジママには添加物が含まれているの?

ベジママには添加物が含まれているの?

ベジママには添加物が含まれているの?

 

 

兵庫県の老舗企業、関西鉄工株式会社が開発した妊活サプリであるベジママ。

 

 

妊活をする上で飲むサプリメントや食事内容って添加物が入っているかどうか気になりますよね。

 

 

ベジママの主な成分はピニトール 260mg、葉酸 400?、ルイボス 50mgです。

 

 

子宮の状態を改善し、ホルモンバランスを整え、卵胞の質を向上させてくれる、妊娠しやすい身体作りをサポートしてくれるサプリメントですね。

 

 

中でもピニトールはアメリカでは有名な成分で、不妊の原因である多能縫製卵巣症候群の改善に処方されることもあります。

 

 

まだ日本では浸透しておらず、今のところベジママだけが配合されています。

 

 

ピニトールはサラダなどで使うアイスプラントから抽出したもので、血糖値を下げ調整してくれる作用があります。

 

 

気になる添加物ですが、原材料を調べたら結晶セルロースとステアリン酸Caという2点だけ含まれていました。

 

 

これは、サプリメントを形作る成分で、毒性のあるものではありません。

 

 

また、ベジママはGMP基準の自社工場で生産され、放射能検査も実施されています。

 

 

安全性の高いサプリメントということが分かりますね。

 

 

妊活を始めたけれど、何からしたらいいか分からない…

 

 

妊活をしているけれどなかなか子宝に恵まれない…

 

 

といった方に試していただきたいサプリメントです。

 

 

 

【マカ・葉酸を超える】新妊活サプリメント『VEGEMAMA-ベジママ』購入はこちら
ベジママ最安値購入サイト