疑問!ベジママは妊娠中にも飲んでいいの?

疑問!ベジママは妊娠中にも飲んでいいの?

ベジママは妊娠中にも飲んでいいの?

妊活サポートアプリとして口コミや評価の高いベジママ(VEGEMAMA)ですが、妊娠中にも効果があるのでしょうか?お腹の子供に何か影響はないのか調べてみました。 ベジママに配合されている栄養成分はこちらです。 タンパク質:0.04g 脂質:0.02g 炭水化物:0.71g ナトリウム:1.12mg 葉酸:400? ピニトール:260mg ルイボス:50mg ビタミンC:80mg ビタミンE:8mg ビタミンB12:20ug まず注目したいのは葉酸が400?含まれていること。 妊娠初期から妊娠3カ月は特に葉酸の摂取が大事な時期で、厚生労働省も1日に400?摂取することを推奨し、母子手帳にも記載されています。 また葉酸の種類も厚生労働省で推奨のモノグルタミン酸型葉酸です。 食生活で摂取できるのが1番理想なのですが、葉酸は熱に弱いためなかなか推奨されている量を食事だけで摂取することは難しいのです。 また、まだ日本で浸透されていないピニトールは商物由来の成分ですが、アイスプラント、大豆、ルイボスなどに含まれ、血糖値の調整をしてくれ妊娠糖尿病の予防をしてくれます。 毎日食べ物だけで推奨されている量の葉酸やピニトールを摂取するのは大変なことです。 手軽なサプリメントで体調を整え妊娠生活を過ごしたいですね。 ジママは妊娠に必要な成分をバランス良く摂取でき、ホルモンバランスを整えてくれるので、食生活とともに妊娠できる体つくりを継続していきたいと思います。 【公式】新妊活サプリメント『VEGEMAMA-ベジママ』 ベジママ公式サイト